Mobile Button Search>
グローバルサイト 採用情報 News

ファーマエッセンシア ジャパンについて

革新的なバイオ医薬品の最前線で

ご挨拶

代表取締役社長 米津 克也
ファーマエッセンシア ジャパン株式会社は、台北に本社を置くPharmaEssentia Corporationの日本法人として2017年に設立されました。 私たちが目指すのは、バイオアベイラビリティーや忍容性の問題により、今までは十分にそのポテンシャルを発揮できなかった治療薬を画期的なペグ化技術プラットホームを応用し、患者さんの治療満足度が低いアンメット・メディカルニーズを満たすことです。
"Better Science, Better Lives." は私たちがグローバルで抱えるビジョンです。昨今の目まぐるしい創薬技術の発展は、多くの画期的な治療薬を生み出しました。しかしながら、新しい治療法や化合物ばかりが注目されるがために、臨床現場には、見過ごされてきた“真のゴール”を満たしていない治療領域が未だ存在しているのです。
PharmaEssentiaが目指すのは、まさにそのような“より良い治療”の実現です。より多くの患者さんに貢献できること。より良い生活をすべての患者さんが送れるよう、より良い治療選択肢を提供し続けることなのです。Science driven company であることは我々の誇りであり、医療に貢献できる最も確実で明確な道であると確信しています。
私たちのグローバルポートフォリオには、血液疾患、感染症、オンコロジー領域におけるBetter Scienceが含まれており、この製品群は、PharmaEssentiaのビジョンそのものなのです。

また私たちは、社員の専門性とプロフェッショナリズムを最大限に引き出せる柔軟な組織造りを目指しています。そのためにはリモートワークやパラレルキャリア形成など、時間・場所・契約にとらわれない働き方を推進し、これから訪れるいかなる未来にも順応できる組織を実現していきたいと考えています。

このようなビジョンのもと、日本で事業を展開できることに責任と誇りを感じています。私たちの日本における活動は、患者さんのみならず、そのご家族や医療に携わるすべての方々に十分な恩恵を実感していただけると信じております。

今後とも皆さまの一層のご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

ファーマエッセンシア ジャパン 株式会社
代表取締役社長 米津 克也